スポンサーリンク

としまえん「ふわふわウォーターランド」で女児死亡 ライフジャケット着用していたのに何故?

fuwafuwawaterland 事件・事故

東京練馬区のレジャー施設「としまえん」で8月15日(金)痛ましい事故が起こった。
遊びに来ていた小学3年生の女子児童、森本優佳さんが亡くなりました。
優佳さん(8)は両親と妹(1)と家族4人でとしまえんを訪れていました。
練馬署の調べによりますと、午後2時10分ごろ水面に浮かべられた遊具の下に女児が浮いているのを監視員が発見しすぐに病院に搬送されるも、搬送時にはすでに心肺停止状態で同日午後4時ごろには死亡が確認されたました。

事後が起こったのはとしまえん内の「ふわふわウォーターランド」というエリアで起こったが、いったいどうようなものだろうか?
としまえんの説明によると8レーンの競技用プールに大型遊具が設置されており、そこでライフジャケットをきて足はつかない状態でふわふわして遊ぶという子供向きのエリアだ。水深が最長1.9mと深く子供だけでなく大人でも足がつかに箇所はある。
110cm未満の子供が利用する場合は大人の付き添いが必要だが、
今回優佳さんは110cm以上であったため、ルール上付き添いは必要なくまたライフジャケットも着用していたためなんの落ち度もないように思える。
ただし、事故が起こる以前からとしまえんの監視員はプール内の「浮島」とよばれる遊具の下に入らないように注意喚起をしていたとのことだ。
このことから、監視員の呼びかけを守っていれば優佳さんは亡くならずに済んだのかもしれない。
危険性が既知であったらなら、遊具の下に入れないような構造に変更するなどの措置がとられていればとも考えてしまう。

とりかく、足のつかないプールに身長が110cmあるかないかで付き添いの有無を決めているのがそもそもよくないのかなと私は思う。
身長に加えて年齢やその他の要素も追加したり、これは難しいかもしれないが夏休みなどの利用客が多い時期には施設内に医療従事者を待機させるなどの対応も検討してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました