スポンサーリンク

過去の主題歌男子は? そのパイオニアはいったい誰!? 

dfujioka 芸能・お笑い

最近、「主題歌男子」が急増している。
主題歌男子とは、自身が出演するドラマの主題歌を歌う俳優のことをいう。
最近だとドラマ「あなたの番です 反撃編」で田中圭さんが「会いたいよ」を歌い、「TWO WEEKS」では三浦春馬さんが「Fight for your heart」を歌っておりCDもすでに発売されている。

過去をさかのぼると、ドラマ→俳優→曲の順に
東京独身男子 高橋一生 君に会いたいDance with you
ストロベリーナイトサーガ 亀梨和也 Rain
インバウンド 山下智久 CHANGE

さらに前の時代に目を向けると
福山雅治、星野源、武田鉄矢などミュージシャン俳優を除くと
織田裕二、反町隆史
もっと昔だと
中村雅俊、水谷豊
などが存在している。

一昔前に流行った主題歌男子がまた始まったのはいったいどうしてなのだろうか?
その近年の再興の先駆けとなったのはディーン・フジオカだろう。
ディーン・フジオカは
「今からあなたを脅迫します」(17年 日本テレビ系)、
「モンテ・クリスト伯――華麗なる復讐――」(18年 フジテレビ系)
と主演し主題歌も歌っている。
この時はワンパッケージ化などと呼ばれていた。
それが思いのほか好評だったのだろうか。
その後、前述の高橋一生、田中圭、三浦春馬とバトンが渡されているようにも思える。

これからの俳優は歌も歌えないといけないのだろうか?
歌えるにことしたことはないだろう。
また、歌ってみたら以外に上手いというギャップも重要だ。

有名アーティストによる主題歌が流れると盛り上がりが一気にあがる一方で、主題歌男子の歌には主人公に感情移入できるといったメリットがある。
これから出てくる主題歌男子にも目が離せない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました