スポンサーリンク

新幹線に持つ問題 対策とられるも課題は山積み? お金 or おもてなし

shinkensennimotsujpg 未分類

新幹線を利用するとき、荷物の置き場所に困ったことはないでしょうか?
小さなキャリーケース1泊~2泊で使うようなサイズのものは座席の上の棚に置くことができます。
しかし、大きめの海外旅行に持っていくようなサイズのものは無理ですよね。
筆者は国内で1週間の出張がときどきありますが、その際は新幹線に乗ったらすぐに最後部の座席の後ろを確保しに行きます。
ターミナル駅以外から乗る場合は当然,先客がいる場合もあります。
その際は、別の車両までわざわざ荷物を置きに行ったりもします。

そういう思いをこれまでされた方は数知れないでしょう。
とくに外国人観光客にとっては深刻な問題です。

そこで、とうとうその対策が本格的になされようとしています。
8月29日(木)にJR3社(東海、西日本、九州)は共同で
「東海道・山陽・九州新幹線 特大荷物置場の設置と事前予約制の導入について」というリリースを発表しました。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックでさらなる外国人観光客の訪日が見込まれるというのが理由です。
それにしても対策が遅すぎます。

ただ、この対策は果たして機能するのでしょうか?
2つのそれぞれ個別にみていきましょう。

まず、特大荷物置き場の設置についてですが、これはできるにこしたことはないです。
「成田エクスプレス」、京成「スカイライナー」や「はるか」といった空港アクセス列車のみが車内に荷物置き場を設置して対応していましたが、それと同じ規模のものができるのでしょうか?
スペースができれば利用者にはありがたいことこの上ないが、現行の定員を死守したいJR各社がそこまでのことをするとは到底思えません。

事前予約制は導入されれば一定の効果が期待できるが指定席車両数により、その効果は限定的です。事前予約制で荷物置き場を予約すると前述の各車両の最後部の席の後ろに荷物を置くことができます。つまり、各車両に1列分しか存在しないのです。
ということは自由席車両の少ない「こだま」などは当然その列が少なくなります。
一方「ひかり」は「こだま」ほど自由席車両は少なくありませんが、
外国人観光客が殺到し荷物をもつ乗客が必然的に増えるという問題があります。
日本を観光する外国人観光客がJRを割安で利用するためのサービスに「ジャパンレールパス」というものがあります。それには「のぞみ」や「みずほ」を利用できないという制限があるのです。
それに加えて「ジパング俱楽部」という高齢者向けサービスも「のぞみ」には乗車できないためシリアの旅行者も荷物を携えて「ひかり」に乗車することになり、荷物置き場不足に拍車をかけることになります。

荷物置き場スペースを増設して利用客の利便性をどの程度高めるのか?
ただ、高めれば高めるほど定員は減ってしまう。
「金とおもてなし」を天秤にかけた状態ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました