スポンサーリンク

レップリーボックとは? 東京ドームフィットネスで体験してきました

repreebok_top スポーツ

「レップリーボック」ときいて何のことか分かる方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか?エアロビ上級者でないと聞きなれない言葉だと思います。私事ですが、2020年2月から東京ドームフィットネスに通い始めました。会員になりますとトレーニングジム、スタジオ、プールが申し込んだ会員区分に応じて利用することができます。スタジオではバレエ以外のクラスが基本的に無料で受けられるので、時間が合う時は受けています。今回はスタジオのプログラムを見ていて「何だコレ?」と思った「レップリーボック」を受けてきました。何事も百聞は一見に如かずです。

まずレップリーボックという名前ですがスポーツ用品メーカーの「リーボック」が考案したトレーニングなので名前がそのままついています。repは”representative”で「代表的な」という意味があります。

REP Reebok w Raz Dwa Fitness

実際どんなことをするのかというと一言でいえば「筋トレをしながら有酸素運動をする」というものでした。特徴的なのは「コアボード」とよばれる不安定なボードに乘ってエクササイズをすることです。

「なんだ、ボードに乘ってやるだけか」と、思うのは時期尚早です。普通にボードに乘り続けるだけで初心者にはけっこうつらいんです。上の写真だと見えないのですが、人が乗るボードと床面に着くボードの間にレバーのようなものがあってそれを調整することでボードをさらに不安定にすることができます。上級者向けですね。私が参加したレッスンでは明らかに体が絞られている方々がレバーを動かしまくっていました。このレバーで腹筋への負担が格段に変わります。普段運動していない人なら初めてやったらお腹は必ず筋肉痛になります。

はじめに筋トレと申し上げましたが、レッスン中はバーベルの重さを変えながら行いました。ボード上でスクワットやお辞儀という動作の際には比較的重いものを、腕を上げる系の運動では軽いものを使いました。そもそも、足場が不安定ですので当然普段よりは重いものは持てません。筋トレをがっつりやりたいという方にはレップリーボックは向いていないと思います。

レップリーボックは楽しくリズムに乗って運動できるという面では優れていると思いますが、初心者には難しいと思いますし体力的にハードです。上手くやれば筋トレと有酸素運動の良いとこ取りできるのでしょうか難易度は高めです。それから準備はやや面倒くさいです。コアボード、マット、ダンベル、重り、重りを受ける棒を全部用意する必要があります。もちろんスタジオのを借りましたよ。

個人的にはヨガがめちゃくちゃおススメです。近いうちに記事を書こうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました