スポンサーリンク

東京マラソン2020 大迫選手が自身の日本記録を更新し代表内定

osakomarason スポーツ

2020年3月1日、日本中が新型コロナウィルスの影響で自粛ムードの中、東京マラソンが行われました。

東京マラソンであっても自粛の例外ではなく一般参加ランナーの参加は取りやめとなり一定の基準を満たしたエリートランナーのみ参加の許された大会となりました。それに伴い参加ランナーだけではなく、沿道の応援も例年に比べ閑散としていました。

大迫選手は2時間5分50秒の日本記録を持っておりオリンピックの最有力選手だと言われながらも、大行内定は今大会前の時点では得ていませんでした。

オリンピックまで半年となったこの東京マラソンで実力を見せつけることとなりました。

フィニッシュタイムは2時間5分29秒で日本人1位でゴールし自身の日本記録を塗り替えるという文句なしの結果で内定を決定づけました。

レース中盤はペースが落ちた場面もありましたが、想定外というよりもレースで走りながら調整をしていたのでしょう。

残り5キロぐらいはわき腹を抑える場面も多く、表情も険しいシーンも多くありましたが最後まで見事に走り切りました。

全体での優勝は外国人選手(エチオピアのレゲセ選手)でしたが、残りオリンピック本番までさらに調整を重ねなんとかメダルを獲得してもらいたいものです。

ちなみに、日本記録更新ということで1億円もゲットされます。うらやましい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました