スポンサーリンク

MGC 結果 男子は中村匠吾と服部勇馬が女子は前田穂南と鈴木亜由子が内定獲得

nakamuramgc スポーツ

15日(日)気温24.8度、湿度69%の青空の下 MGCがスタートしました。
男子は計30名のランナーが参加しました。
レースは序盤から設楽悠太選手が大会前の会見で宣言していたように
開始直後から飛び出し、それを2位集団が追いかける展開となりました。

序盤飛ばしすぎたのか30キロ中盤で設楽選手(ホンダ)は失速、
2位集団に追いつかれその後はついていけず2位集団の中の
中村選手(富士通)、大迫選手(ナイキ)、服部選手(トヨタ自動車)
の3名での内定をかけた争いとなりました。

40キロ地点までは中村選手が1位、大迫選手が2位で決まったかに思われましたが
最後服部選手が逆転し順位を2位に上げ見事内定を獲得しました。
中村選手は30キロ中盤地点からの見事なロングスパートで
安定感がありました。堂々の1位で内定獲得です。
最有力候補の大迫選手が内定をのがすというのも予想外でした。
それにしても服部選手あっぱれです。

女子は前田穂南(天満屋)が20キロ地点からスパートをかけ
ぶっちぎりで1位を取りました。
2位には鈴木亜由子(日本郵政グループ)が入りました。
鈴木選手は最後 3位小原怜(天満屋)が4秒差まで迫りましたが
なんとか逃げ切ることに成功しました。
小原選手は2016年の名古屋ウィメンズ女子マラソンで1秒及ばずにリオ五輪内定を
逃したこともあり、応援していましたが今回も涙をのむ結果となりました。
ただ、3位には入っているので最有力候補であることは間違いありません。

男女とも残り1枠を誰が勝ち取るのか目が離せません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました