スポンサーリンク

白石麻衣 1月7日のブログで乃木坂卒業を発表

maishiraishi 芸能・お笑い

乃木坂第一期生で今となってはグループの顔である白石麻衣(28)が卒業を発表しました。

白石は1月7日のブログの更新で「次のシングルをもちまして乃木坂46を卒業します。2020年はじまったばかりなのに、最初のブログが卒業の話でごめんなさい」と投稿しています。

卒業を決意したのが昨年の夏ごろで、考え始めたのは2年前ごろからと綴っています。

白石といえば1月1日にセカンド写真集「パスポート」(講談社)の累計発行部数が38万部に達したことでも注目されており、昨年の12月にはそれが評価されて 「野間出版文化賞・特別賞」 を受賞しています。さらには、講談社の担当者からは「写真集会の金字塔」と太鼓判を押されています。

白石はそのルックスに加えプロ意識の高さが注目を集めています。2011年に乃木坂46が発足して以来8年以上もの間、スキャンダルが全くないのです。白石ほどのルックスであればオファーは引手数多ということは言うまでもないでしょう。それにもかかわらず完全にゼロです。

一方、ルックスやプロ意識が評価されるとは裏腹に演技や歌唱力の低さが批判されていることも少なくありません。昨年のFSN歌謡祭で歌手の鈴木雅之とデュエットを披露した際も視聴者から「白石だけ口パクだった」と、非難されています。また、出演ドラマ「絶対零度」でも演技が下手すぎると酷評されています。

卒業後にこれらの欠点を克服し大女優としてはばたくのか?今後の白石麻衣にますます注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました