スポンサーリンク

Lineの「OpenChat」 非友だちとチャット そのシステムは掲示板?

openchat 未分類

SNSサービスを手掛けるLineがまたまた新しいサービスの提供を8月19日(月)開始しました。その名は「OpenChat」。
OpenChatを一言でいうと不特定多数の人が参加するトークルームだ。
これまではLineで知り合った人を友だち登録をしてそれから複数人のグループを作ってやりとりをするというのが最もよくある使われ方だったと思うがこれには欠点があった。
それは、新しい人間関係を作るときに友だちになることが強制されるという点だ。
既存の交友関係がしっかりしている友人同士だとなんの問題もないが、新しいコミュニティーに飛び込む際にはなにかと警戒する人も多いだろう。
そこから抜け出したいと思ったときにFacebookやインスタグラムでストーカーされる危険性もある。かといってコミュニティーから抜けるためにLineの名前を変えるのも手間だし、そしてなにより既存の友達を混乱させてしまう。

そんな人たちの悩みを払拭する機能がOpenChatには備わっている。
OpenChatの大きなメリットの1つが複数ハンドルネームを利用できるという点だ。
Lineに登録している名前とは別にトークルームごとにハンドルネームを設けることができる。Lineの登録名には本名を使っていて新しいコミュニティーに入りたいが自分の名前が拡散していくのには抵抗があるといった方にはおススメだ。
もうお気づきの方もいると思うが従来の掲示板と酷似している。
掲示板と聞くと一部のインドアな人、引きこもりやゲーム好きのおたくを思い浮かべる人もいると思うが「OpenChat」はそれをLineを使ってやるというものです。

OpenChatはゲームやスポーツ観戦、恋愛、地域、ボランティアスタッフなどやりたいが身近にやっている人がいない場合や、進学や転勤などで知り合いが全くいない人にとっては強力なツールとなるだろう。

1つのトークルームには最大5000人が参加できる。
使用されるときはメッセージが大量に来るので通知をオフにしないと危険です!
1回試してみるのもいいかも笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました