スポンサーリンク

コメダ珈琲がGODIVA化 バニラソフトクリームから心機一転

komegodi 飲食

2020年2月7日からコメダ珈琲の代名詞でもあったバニラソフトクリームの提供が中止になります。
一体どうして?
不景気で材料が高騰したから?
実はバリラあんまり人気ない?
シロノワール、クリームコーヒー、珈琲ジェリー などなどバニラソフトが乗って出てくる商品は数えきれないほどあるのに、そのメニューたちも一緒に無くなっちゃうの?
いろいろな憶測や不安が飛び交うと思いますが実はちゃんとそれに取って代わる目玉商品が用意されています。

なんと白が黒に一変します。察しのいい方はもうお分かりですね。バニラソフトがチョコレートに変更になります。そして、驚くべきことにこのチョコレート企画はあの「GODIVA」が監修しているというのです。コメダ珈琲が独自に開発しているとなると聞くと「それってどうなの?」思わなくもないですがチョコレートメーカーがしかもGODIVAの監修となると話は別です。ただでさえ味に定評のあるコメダスイーツがGODOIVAでさらに魅力的に生まれ変わるというのですからもうわくわくが止まりません。私を含めスイーツ好きのみなさんにはたまらないのではないでしょうか?

ちょっと大げさに説明してしまいましたが、変わるのはクリームだけでクリームを乗せられる部分は同じです。なので、シロノワール、クリームコーヒー、珈琲ジェリーは引き続き提供されます。ちょっと安心ですね。そして、期間限定のメニューは以下のようになります。

■商品名・価格(税込)
「ショコラノワール」フルサイズ:650円~670円/ミニサイズ:450円~470円
「クリームコーヒー」:550円~650円
「クリームオーレ」:550円~680円
「アイスココア」:550円~650円
「珈琲ジェリー」:580円~640円
「コーヒーシェーク」:540円~640円
「ソフトクリーム」:430円~500円

新メニューが出る一方でコメダ珈琲は財布には優しくないんですよね(笑)コメダ珈琲に行って珈琲とスイーツを一緒に頼むと軽く¥1,500超えてしまうので財布には結構きついんです。しかし、その味とボリュームに魅せられて分かっていても再び来店してしまいます。コメダ珈琲はつくづく恐ろしいお店だと思います。

ちなみにバニラソフトが今後ずっとなくなるかというとそういうわけではないようです。コメダ珈琲に問い合わせたところ、はっきりは分からないがバレンタイン辺りになるそうです。チョコレートが数量限定なので、その売れ行きとの兼ね合いがあるようです。待ってください。ということはこれってGODIVAがコメダ珈琲を使ってバレンタインに誘導しているようにも見えますよね。コメダにとってチョコレートで話題になりますし、まさにWINWINです。

とりあえず私は2月7日に会社が終わったら速攻でその味を確かめに行ってまいります。いただくのはもちろんど定番のシロノワールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました