スポンサーリンク

今井絵理子 Speed出世で内閣府大臣政務官へ 不倫報道からはまだ2年だけど

imaierikoseimukan 政治・経済

13日(金)の閣議で人気ボーカルグループ「SPEED」の元メンバーである自民党の今井絵理子議員が、女性活躍やIT、防災を担当する内閣府政務官に任命されました。

任命理由が気になるところですが、まずは内閣政務官についてどういう位置づけのものなのかみていきましょう。

内閣府大臣政務官(ないかくふだいじんせいむかん)は、
内閣府を担当する大臣政務官である。定数は3名です。
組織図はこちらです。気になる方はどうぞ。
今井絵理子議員の他には神田 憲次議員と藤原 崇議員が任命されています。
仕事の内容は簡単にいえば2名の副大臣とともに大臣をサポートするのが仕事です。
ちなみに内閣府大臣政務官は若手議員の登竜門的なポストとなっており、
新婚と内閣入りを決められた今話題の小泉進次郎議員も過去に務められました。

そんな内閣府大臣政務官への任命理由ですが、
女性活躍の担当という面でも他の女性議員よりも
1歩リードされているというのは納得せざるをえないと思います。
トップアイドルとして活躍されたわけですからその点は実績のあるお方です。

ですが、他に担当する2つのIT防災に関しては
おそらく一般人の知識レベル以下でしょう。
ディスってるわけではないです。キャリアを考えるとしょうがないです。
アイドル→参議院議員→不倫→内閣府政務官
というこれままですから無理もないです。
国民からしたら任命理由に全く納得できません。
しかも、ITと防災といえば社会保障と肩を並べるほどの重要な課題ですよね。
菅義偉官房長官(70)は閣議後の会見で
「適材適所で選抜をされている。内外の諸課題に対応していける態勢が整った」
と今回の人事を評価されていましたが、なにをもって適材適所なんでしょう。

うーん、昨今の政治をみているとアイドルだろうが不倫だろうが
有名になることが政治活動をするうえでは重要なのかもしれないですね。
「今井絵理子議員は将来、小池百合子東京都知事を超える可能性を秘めている。」
そんな予感がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました