スポンサーリンク

ほっともっと 人手不足により直営店190店舗を閉店 費用かさみプレナス通期では赤字へ

hottomottodora 政治・経済

弁当店「ほっともっと」を運営するプレナスは、
7月時点で2731店舗を運営しており、うち直営店は911店舗に上る。
そして9日、その中の2割超の190店舗を閉店すると発表した。

同社の拡大戦略はまず新しい店舗を直営店として出店し
その後フランチャイズ店へ移管していくというものだが、
今回閉店する店舗は人件費を含む店舗運営コストの上昇で移管が見込めない店舗だ。

プレナスは2月期決算の予想を2億4000万としていたが、8億3000万に下方修正した。
売上高の予想も1592億円から1533億円に下方修正している。
今期この予測通りだと通期で2期連続での赤字となる。
9月以降店舗数削減で決算まで5カ月を残して売上高が微減というのは悪くなさそうだ。

前述したとおり、閉店に追い込まれた主要な原因は
人手不足→人件費高騰→経営圧迫
という負の連鎖である。
プレナスのような人手不足による人手不足縮小は氷山の一角だろう。
今後は縮小だけならまだマシな方で、倒産に追い込まれる会社も
急増すると思われる。
特に弁当店や飲食店はそれが顕著だ。
理由は従業者の
・給与水準が低い。
・休日日数が少ない。
というのが挙げれられる。

今回着目するべきは無名なブランドではなく
誰もが知る「ほっともっと」で店舗削減に追い込まれたという点だ。
とうとう1部上場企業まで人手不足の影響を受けるようになった。
同社は「やよい軒」も運営しており、筆者はよく利用するのでそちらも心配である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました