スポンサーリンク

千葉で中国渡航歴のない無職女性が新型コロナウィルスに感染 発熱後国内バスツアーに参加!

coronachiba 未分類

千葉県で20日、同県内では5人目の新型コロナウィルス感染者が出ました。「ダイヤモンド・プリンセスから下船した人が発症したのか?」と、まず最初にそこを疑いますよね。しかし、この女性、中国はおろか発症前2週間以内に海外への渡航歴すらありません。近親者に同船に乗船していた人もいないということなので完全に国内で感染したということになります。

感染した方は70代の無職女性ですが今のところ中国との接点は何もみつかっておらず、どこでウィルスに晒されたかは不明です。ここで1つ疑問が湧きました。無職の女性ということは毎日通勤電車に乗るわけでもなく普通に生活していたら感染したということですよね。ということは、毎日電車で通勤する多くの人はいつ新型肺炎を発症してもなんの疑問もないわけです。明日皆さん自身やご家族や会社の方が感染するかもしれません。

さらに、恐ろしいことに同女性は14日夜に38.8度の発熱があり、15日には医療機関を受診してインフルエンザの検査で陰性診断され、16~18日まで県外を回るバスツアーに妹さんと参加されています。そのバスツアーには40人ほどの参加者がいたとのことです。残念ながら、そのバスツアーの情報などは公開はされていません。バスツアーで新たな感染者が生まれていないことを祈ります。

同女性は19日に肺炎と診断されてからは同県内の感染症指定医療機関に入院されています。

ちょっと深堀して、今回のケースではインフルエンザと診断されたときに新型肺炎を患った可能性を考えなかったのか気になります。渡航歴がない方なので無理もないですが、インフルエンザと新型肺炎の症状がそれだけ似ているとのことなのでしょうか?

実は初期の症状に関しては風やインフルエンザとほとんど変わりません。発症後、1週間は鼻水や咳、のどの痛みに襲われます。そして、2週間目から強い咳、大量のたん、息苦しさに襲われます。つまり、1週間ほどでは一般人には新型肺炎を発症したかどうか判断がつきません。医療機関を受診したとしても、新型肺炎の検査を受けなければ分からずじまいです。

あんまり不安を煽っても仕方がないですが、極力人が大勢集まるようなところには行かないようにすることが賢明で、やむを得ない場合はマスクを着用する。これを徹底するしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました