スポンサーリンク

バッドナイス常田 『ダブルベッド SEVEN DAY LOVER』最終日で告白 井口綾子の返事は?

tsunetadate 芸能・お笑い

注目されていた「ダブルベッド」チャレンジャー芸人バッドナイス常田とタレント井口綾子の同棲生活が終焉を迎えました。同棲生活は全7日間で予定されており、6日目の夜にとうとうバッドナイス常田が井口に告白をしました。

その日2人は夜東京タワーで待ち合わせて、常田は真っすぐ井口に対して「好きです」と伝えました。井口はそれに対し「ちょっと待って」と言いながら照れており、喜んでいるのは間違いない様子でした。それから、返事をすぐにしない井口に対し常田は 「別にイエスかノーだけでもいい」 とプッシュをかけるがそれに対し井口に返事は実質的にはノーでした。 「いいとこも悪いとこも知れて、すごい魅力的だなって思ってた。もっと知っていったら好きになっちゃうのかもなって思ったけど」 と、答えてはいますがずるいですね。どっちなん?って思いません。ノーならもっとはっきり断ればいいのにって思います。

告白した後に少し続きがあります。6日目の夜はルール上2人はいつものように同じ家に帰ることになります。5日目まではダブルベッドで2人で寝ていたわけだが常田は「今日のとこは変な意味じゃなくて俺はこっちで寝とくよ」とけじめをつけたかのように井口に言ったのだった。その夜、井口は一人ダブルベッドで1人号泣していました。

翌日、常田は長い時間一緒にいるのはお互いに気まずいからということで早々に荷物をまとめて家を出ようとしていました。井口が「もう行っちゃうの?玄関まで送る」という申し出を断り常田は 「じゃあね、ありがとう」 とそれだけ言って去っていきました。その別れのタイミングで井口は昨日思いを伝えられなかったからと手紙を渡し、家を出た常田が後でバイクを止めて読むというところで7日間の同棲生活の幕を閉じました。

視聴者からは常田に対する評価が一転、常田を嫌いだったというファンも「少し好きになってしまった」「常田の回で泣けるとは思わなかった」など凄まじい反響がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました